あめはれ

人生の中で出会うなにか

ムカつく看護師

ムカつく看護師

 

ムカつきながら、4日が経ちました。

4日経ってもムカつくので、ムカつく理由を書いてみようと思いました。

 

f:id:Ame11:20170911080400j:plain

 

4日経っても、と始まっているように出来事は4日前になります。

子供の受診日で病院で起こった出来事になります。

PTSD的な症状で受診中の子供のことで、主治医から子供の体重の伸び具合いを心配する話がありました。

主治医からは「お母さんが、カロリー面・栄養面と考えて本当によくやってくれているのは十分わかっているけど、成長期だからもう少し何とか工夫できないか?」と話がありました。

私の方からは「気づかれないように、かなり意識してやっていて、これ以上は難しい」と言葉だけは返す。

すると、主治医は「わかっているけど、何とか工夫してほしい」と言われる。

私は、言葉だけは「難しいから無理」と言ってはいても、母親だから当然、主治医の言葉の意味はわかるし、難しいけど何とか頑張ってみなければと、診察室の中で自分を振るい立たせていました。

主治医の方も、私が受け止めて進んでくれると思ってくれているから、きちんと打診してきてくれ、頑張ってほしいと背中を押そうとしてくれていることを感じています。

このやり取りは、子供に対しての主治医と母親の裏事情のやり取りの話なんですよね。

それを、診察室以外で盗み聞きした看護師は、私と主治医が話をしている間に待合室にいる子供の所へ行って

「体重が増えてないから心配。心配だよ。心配・・・」と言うような心配している話を始めて、トドメには「ご飯ちゃんと食べてるの?もっと食べないと心配だよ」と失礼な発言だったらしい。

 

診察室を出て、子供の元へ戻ると涙を流し始めた子供。何があったのかと抱き寄せると、堪えきれずにしがみ付いてきて静かに泣き始めました。

最初は理由がわからなかったから、一旦車に戻り聞いてみると、先ほど書いた内容を看護師に言われたことを知りました。

 

子供には「大丈夫だよ」と20分かけて慰め励まし、落ち着かせてから、看護師へ抗議へ。

 

「体重のことは子供が一番気にしていることです。そしてそれを一番心配しているのは母親である私です。あなたじゃない!今も20分かけて慰め励ましているんです。大変なのは私たちなのだから、仕事を増やさないで下さい」とはっきり抗議したら、その看護師は笑顔で

 

「そんな話はしていないですよ?前回、お腹が痛いと言っていたので、お腹の調子はどうかと聞いていただけですよ?そんなことは何も言ってませんよ?」とさ。

 

子供を信じる?看護師を信じる?の局面になって、一瞬だけ考えた。どう考えても子供が嘘を付く訳がない。

「子供は嘘を言う子ではありません。食べられないのには複雑な原因があるから受診しているんです。安易な発言はしないで下さい」と更にはっきりと伝えたら

 

「ああ、はい、はい」と笑顔で返されました。

 

このデブ、看護師だからと言ってもただの人間で、立場を利用して逃げてる。

そう悟った時に怒りに変わりました。

 

私たち親子が精神科の患者で、自分は資格のある看護師。その立場の違いを使って、私を見下し、自分を正当化して逃げようとすることに本当に腹が立ちました。

子供の食の問題は、単に食が細い、偏食があるだけと言う簡単な問題だけではありません。

フラッシュバックや悪夢などで持っていかれるエネルギー消費は普通では考えられない消費量となりますし、それらに伴って食欲がない状態にもなります。

それ以外にも、回復過程の心の問題からの影響や、生活リズムなどいろんな原因が混ざっています。

私は、体質的に子供の頃から痩せていて本当に嫌な思いをしてきたので、食べられない時の気持ちがわかるからこそ、自分の子供に「痩せている」ことに対して傷つけないようにしてきましたし、逆に「痩せていても大丈夫なんだよ」と安心できるように慎重に育ててきています。

 

上の成人している男の子2人も私の体質を遺伝していて、細くて「大きくなれるのか?」と心配して育てましたが、ちゃんと大きくなっています。

大人だって、夏に暑いだけでも食欲が落ちる人はいます。今、子供には複雑な原因があるから一時的に食の問題が大きくなってしまってはいますが、原因があるからこそ当然に起こる問題とも言えるでしょう。

 

私は、自分が痩せていることで嫌な思いをたくさんしてきましたし、子供を育てる上での知識として最低限の栄養知識は持って育てています。

今も、子供に気づかれないように裏では、きちんとカロリー計算や栄養素を考え、食べれない気持ちがわかるからこそ、食べれそうな工夫をたくさんしています。

体重の伸び具合を心配される子供と2人の食費は1日、4000円を超えます。月に換算すれば、12万が食費です。

これは、家族4人でも食べていけれる金額だと思います。

食材を余らせて傷ませて捨てることはありません。

食費を考えて作った物では、子供は食べられないんです。食欲そのものがないのだから。

食べられそうな物を毎日毎日、選びさりげなく用意しているからこの金額にもなっています。

それでも、今は仕方がないんです。

子供は朝から食べられる子です。だから、朝からカップラーメンと温泉卵とおかしなメニューを出したりします。手抜きのようですが、この一食から、炭水化物と脂質で高カロリーが摂れます。後の二食で、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン系を考えます。

納豆とご飯では、今の子供にはカロリーが足りないんです。

エネルギー消費の激しい今の子供には野菜中心では栄養不足です。ビタミン類は、肉や魚からも摂れます。

だから、私はこれに果物を使います。ビタミン類と果糖でエネルギー源を摂れるからです。3食で1500〜1600カロリーを目指しています。そしてその他に、おやつにヨーグルトやプリン、スナック菓子、クッキー類などで、プラスのカロリーになるようにしています。

これらだって、飽きて食べたくなるので、毎日置いてある物を変えています。

これらの工夫に子供が気がついてしまえば、プレッシャーを与えてしまいます。気がつかれないようにさりげなく、心もお金も使います。

 

あまりに、今回の看護師にムカついて、娘にポロリと言った途端に

「許せない!〇〇が可哀想だ。陰ながら励まし続けてきたことを無駄にしてくれた」と電話の向こうで泣いていました。

 

ぽろりと言ってしまったとは言え、

私の子供2人を泣かせたことに対して、私は絶対に許せない。

 

この怒りが正当なものか、4日考えている。

自分の中の他の理由から、八つ当たりとしての感情ではないのか? そう問いかけながら4日。

やはり、許せない。

私が抗議した時に、僅かにでも謝罪する気持ちが見えたのなら、ここまで怒らない。

看護師という立場を利用して、嘘までついて自分を正当化しようとしたことは人として許すことはできない。

 

同時に思うのは「看護師だから」と、自分でも勝手に相手を美化して見ていたこと。

立場の違いは尊重しなければならないけど、立場が違っていたとしても、一人一人が別の人間である以上、所詮はただの人間なんだと言うこと基本的なことを見失っていたように思う。

美化してみる必要はない。

 

立場が違う時、相手への敬意は忘れてはならないと思う。しかし人は平等で対等であることも忘れてはいけないと、今回のことは良い気づきとなったと思う。

 

自分の反省はしたけど、あの看護師に対しては許すつもりは今のところはない。

私の何より大切な子供2人を泣かせたから。

しかし、直接はもう抗議はしない。別の方法を取るまで。

主治医は、理解してくれているからと主治医に話して済ませる気もない。

私の子供を泣かせた罪は重い。思い知れ。

 

 

この看護師へ、他人の私が

「年齢的なこともあるし、そんなに太っていては、高血圧や糖尿病、コレステロールが心配です。心配、心配・・・本当に心配。もう少しダイエットした方がいいんじゃないですか?」

と、言ったとしたら怒らないのだろうか?
自分について言われたら受け流せても、子供に言われたならどう思うのだろうか?